つつじ歯科クリニックの予防歯科

治療をする場から「予防」のための場所へ

虫歯や歯周病などの治療を行う歯科医院ですが、私どもは極力これらの治療をしてはならないと考えています。

なぜなら、歯科医院の存在に対して「治療」をする場所ではなく、患者様が虫歯などの痛みを誘発しないように「予防」に努めることが本来の役割だと考えているからです。

そのため、つつじ歯科クリニックでは、患者様の口腔内の環境を定期的にチェックする予防歯科を行っています。

毎日の歯磨きでは取り除けない歯垢の除去だったり、歯茎の状態を適切に保ち、歯周病から患者様の口腔内を守っていければ非常に嬉しく思います。

予防歯科 治療をする場から「予防」のための場所へ

口の中を視覚的に診ていく

つつじ歯科クリニックでは、予防の専用器具を多く取り入れております。
そのため、歯に付いてしまった汚れの除去やツヤ出し、フッ素塗布など幅広い治療を提供することが可能となっています。

ただ、これらが優れた予防法であったとしても、患者様の口の中の状態が分からなければ、やみくもに治療をする結果となってしまい、患者様に大きな負担を与えてしまうでしょう。

唾液検査の導入

そこで私どもは唾液検査を導入しております。

患者様の唾液の検査をすることによって、口の中の虫歯菌、酸性度、潜血、白血球、タンパク質などの状態を数字で表すことが出来ますので、視覚的に診断を下すことが出来るのです。

患者様にとってみても、ご自身の口の中がどのようになっているかについては、歯科医から淡々と説明されるよりも、数字を確認出来た方が良いのではないでしょうか。

この唾液検査の結果に応じて、レーザー治療や治療薬を使って、虫歯や歯周病になりづらい状態を作っていきますので、レベルの高い予防歯科を行うことが出来ます。


予防歯科のメリットとは?

日本では、歯科医院には歯に痛みを覚えたらいくという概念が強いですが、これでは手遅れです。
大切な歯を削ってしまわなければなりませんし、状態が酷いと永久歯を抜歯するようなこともあります。

若い頃は、口周りの筋肉も強いので問題はありませんが、年齢を重ねるごとに、噛む力が弱まってしまい、歯の重要性が高まってきます。
ですので、歯は極力削ったり抜いたりしないことが賢明です。

その為には、日々の予防が重要になっています。

歯科医院に年に数回通い、一生の歯を守る

定期的に口腔内のメンテナンスを行っていれば虫歯を防ぐことが出来ますので、高齢になっても虫歯が少ない、自分の歯で噛んで食事の出来る口腔内を作ることが出来ます。

これが、予防歯科の最大のメリットと言えるでしょう。

患者様にとってみれば、数カ月に1回の定期検診は面倒に感じられるかもしれません。
ただ、メンテナンスは多くても3~4ヶ月に1回ですので、年に数回歯科医院に通うだけでお口の健康が守られると考えれば、それほど大きな負担にはならないのではないでしょうか。


予防歯科で作る全身の健康

意外と知られていないのですが、お口の健康と全身の健康は深い関係性の上に成り立っています。
特に歯周病は全身に与える影響が大きく、歯周病の元になっている「歯周病菌」は体内の炎症に対する抵抗を弱らせてしまうこともあります。

その為、歯周病を患ってしまうと、風邪を引きやすくなってしまったり、胃腸が弱くなったりなど、様々な弊害が出てきますし、何より虫歯を発症するリスクが高くなります。

しかし、予防治療によって歯周病菌の発症を抑えることが出来れば、口の中はもちろんのこと、全身の健康を維持することが出来ますので、毎日の生活をより素晴らしいものに導くことが出来ます。

当医院では、患者様に負担のない予防歯科の治療計画を個人に合わせて作っておりますので、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。

歯周病について