つつじ歯科クリニックの入れ歯

当医院では、入れ歯の調整も行っております

入れ歯は便利なアイテムではありますが、人工物という特性を持っておりますので、お口の中に入れて使ってみると違和感を覚えてみたり、時には、食事がおいしくないと感じてしまうデメリットもあります。

しかし、入れ歯もしっかりとした調整を行っていけば、不快感もなく、まるで自分の歯で噛んでいるように、美味しく食事を摂ることが可能ですのでご安心下さい。

つつじ歯科クリニックの入れ歯への考え方

入れ歯は、いかにして口腔内に馴染ませるかということが重要になっています。

その為、当医院では何度でも患者様の不快感が取れるまで入れ歯の調整を行っていきます。

ただ、正直に申し上げますと、初めて入れ歯を装着した時は何かしらの違和感を覚えます。

もちろん、この違和感を少しでも緩和できるように入れ歯の調整は行っていきますが、今までそこに入れていなかった物を入れますので、数日間は付け心地は悪いでしょう。

これに関しては、装着時間に比例してなくなっていきますので、ご安心下さい。

なお装着後、数日が経過しても一向に不快感が緩和されない場合は、お気軽にお申し付け下さい。

つつじ歯科クリニックの入れ歯への考え方

入れ歯を付けると痛みが発生するという方へ

先ほども申し上げた通り、入れ歯は人工物なので、使用している内に傷が入ってしまったり、金具がズレたりと様々な問題が生じてきます。

そのため、今までは何ともなかったのに、ある日急に入れ歯による痛みを覚えるケースがあります。
このような場合は入れ歯そのものに傷が入り、その箇所が歯茎や周りの歯に痛みを誘発していることが考えられます。

「気のせいかな?」と無理して入れ歯の使用を続けていると、歯茎についた傷が化膿することもありますので、入れ歯を装着した時に痛みを感じる場合は、当医院にお越し下さい。

他の歯科医院様で作られた入れ歯でも当医院での調整が可能ですのでご安心下さい。

「笑える」入れ歯を提供します

今まで通り笑えるような入れ歯づくり

入れ歯の必要性を感じていても、実際に付けない方が多いのですが、その理由の多くは「笑った時が気になる」というものです。
大きく口を開けて笑った時、口の中からキラっと入れ歯が目立ってしまうと、周囲の目は気になってしまうでしょう。

笑うことは本当に素敵なことであり、これが出来なくなるというのは人生そのものが楽しくなくなってしまう可能性もあります。

ですので、当医院では、金具の調整を重要視しており、患者様が入れ歯の存在を気にせず、今まで通り笑えるような入れ歯づくりを行っております。

もし入れ歯装着後の不安から入れ歯を避けているのであれば、一度当医院にご相談下さい。
患者様にあった最高の入れ歯を提供させて頂きます。

つつじ歯科クリニック 今まで通り笑えるような入れ歯づくり

取り外しをしないインプラントで固定(ALL-On-4)

ALL-On-4(オールオンフォー)とは?

All-on-4(オールオンフォー)は、片顎4本~6本の インプラントを埋入し、全ての歯を支えるという、埋入するインプラントを最小限に抑える治療法です。
(4本埋入する場合は、ALL-On-4、6本埋入する場合は、ALL-On-6と呼ばれます)

歯が1本も残っていない場合や、総入れ歯をお使いの方、インプラントを挿入するには骨が足りないと診断された方におすすめしています。

これまでは、歯が1本も残っていない場合は総入れ歯か、 たくさんのインプラントを埋入するという治療法が一般的でした。

All-on-4(All-on-6)は、歯が1本もない状態の顎でも、4本(6本)のインプラントをバランスよく埋入することで、10~12本の固定式の人工歯を支えることができます。
自分の歯のように硬いものでも噛むことができ、見た目にも機能的にも優れています。

患者様の費用、腫れ、手術時間や精神面でも負担を減らすことができます。