つつじ歯科クリニックの小児歯科

お子様の歯の重要性

乳歯は、成長するにつれいずれ抜けて永久歯に生え替わります。
しかし、だからと言って乳歯の虫歯をそのままにしていいわけでは決してありません。
幼児期の歯の処置は、将来の永久歯において大きな影響を与えます。

乳歯の特徴

乳歯は、永久歯と比べ歯のエナメル質や象牙質が薄いため虫歯になりやすく、進行も永久歯に比べて早いのが特徴です。
また、乳歯は歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合も永久歯よりも大きいため、虫歯になると永久歯よりも歯随を傷めてしまう可能性が高くなります。
歯科医院での定期的な検診と、ご家庭でのこまめなケアを心がけましょう。

乳歯の生える時期について

歯が形成されるのは、お母さんのお腹の中にいるときからで、妊娠2~3ヶ月になるとすべての乳歯の芽(歯胚)ができます。
乳歯は生まれてから生後6ヶ月頃から生え始めて、3歳頃までにはほぼ生え揃います(全部で20本)。
個人差があるので、この時期にすべて生え揃わなくても心配する必要はありません。

そして4~6ヶ月で石灰化し始めます。
お子様が成長するにつれ、顎の骨も変化し、乳歯も永久歯へと生え替わっていきます。

お子様の歯の重要性

歯医者さんの雰囲気に慣れるところから始めよう

初めての歯医者さん、治療が苦手なお子さんにはまずは「こわい」という気持ちを少しずつ減らし、慣れていくところからスタートさせて頂きます。

泣いてしまうお子さんもまずは当院に来られるような環境作りから始めています。

お子さんが初めて来院される時は、緊急時以外はすぐに治療をしません。
じっくりお子さんとお話し、「診療台に座る」「器具を触ってもらう」練習から始めます。

とにかく歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう、そして私たちと仲良くなることから始めます。

がんばったお子様にはガチャガチャのプレゼント!

つつじ歯科クリニック ガチャガチャ

がんばったお子様にはガチャガチャをプレゼントします。歯医者さんに来るのが楽しくなりますように。

フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布

虫歯を予防する方法として、「フッ素塗布」があります。
フッ素には歯の表面のエナメル質を強くし、 虫歯の原因である酸によって歯が溶けるのを防ぐ効果があります。
また、フッ素は酸で柔らかくなりかけているエナメル質を再び硬くする「再石灰化」という作用もあり、虫歯の予防に大きな役割を果たします。

シーラント

シーラント(歯の溝を埋める樹脂)を使用して歯ブラシでは届かない奥歯の溝を塞ぐことにより、お子様の歯を虫歯にならないようにします。
虫歯のない奥歯の溝を塞ぐことにより、事前に虫歯を回避することができます。

痛くない、不快感の少ない治療(無痛治療)

お子さんも大人同様に「痛み」が歯医者嫌いになる主な原因となりますので、当院では次のステップを踏んで、可能な限りの無痛治療を実施しています。

痛みを和らげる表面麻酔

表面麻酔を塗ることにより麻酔注射の痛みを緩和します。

痛みを感じにくい注射針

針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。当院では現在発売されている中でも細い針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

痛みを最小限に抑える麻酔テクニック

当院では麻酔の効き具合に合わせて注入速度を変えられるため、あえて「手動」で麻酔をしています。患者さまの様子を見ながら、微調整が可能な麻酔法といえます。

歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう

無料託児所のご案内

つつじ歯科クリニックでは、バリアフリーの環境を整えておりますので、ベビーカーでのご来院もスムーズです。

おむつ交換台の設置や、DVDも見れますので、お子様連れでもお気軽にご来院ください。

つつじ歯科クリニックでは、出産後もベビーカーでストレスなく入っていただけます。

また、無料の託児所(※要予約)を併設しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料託児所について