「田園都市溝の口 つつじ歯科クリニック」に併設している施設をご紹介いたします。

つつじ内科クリニック

つつじ内科クリニック内科には糖尿病の専門医が常駐しているのですが、これには理由があります。

それは、糖尿病と歯周病が深い関連性を持っているからです。

このようにお話すると、意外と思われたでしょうが、ここ数年の日本の歯科医療の進歩によって、糖尿病のみならず全身疾患と口腔内疾患の関係性が次々と明らかになっています。

その中でも関係性が深いといわれるのが、今ご紹介した糖尿病との関係性です。

簡単に説明しますと、糖尿病は高血糖状態を誘発するのですが、この状態が持続することによって体内の菌に対する抵抗力が低下してしまい、感染症にかかりやすくなります。

それと歯周病はどう関係があるのでしょうか。

歯周病が原因で糖尿病が悪化?

実は、歯周病は歯周病菌による感染症となっています。

つまり、糖尿病で抗体が下がったことが引き金となって歯周病になるケースがあるというわけです。

また、糖尿病は歯周病の誘発だけでなく、高血糖状態で歯茎の血管が傷んでしまい、歯周病を促進させてしまうこともあります。

上記で糖尿病による歯周病リスクを説明しましたが、これらの病気は相互関係にありますので、歯周病が原因で糖尿病が悪化するケースも報告されています。

歯周病は、歯茎の中に炎症物質を作るのですが、この炎症物質は糖尿病治療に使うインスリンの働きを妨げてしまいます。

ですので、糖尿病の方が歯周病を患ってしまうと、インスリンによる十分な糖尿病治療が出来ない可能性もあります。

医科歯科連携により全身の健康をサポート

現在の日本では、医科と歯科が連携をして患者様の治療にあたるケースはまだまだ少ないです。

しかし、医療先進国と言われているアメリカやヨーロッパでは、医科歯科連携は常識となっており、歯科は口腔内だけでなく、全身の健康を管理する職業として認識されています。

歯科医院に通うことで、口の中だけでなく健康な体を手に入れられるのであれば、それは大変素晴らしいことではないでしょうか。

だから、私どもは内科と連携をして、患者様の口の中だけではなく、健康な体を維持して、楽しい人生を送るお手伝いをさせて頂きたいと思い、このような体制を取っております。

保育施設

当医院では、小さなお子様を持つ親御さんに落ち着いて治療を受けて頂きたいと思い、保育施設を隣接しております。

もちろん、国家資格の保育士資格を取得している人材を雇用していますので、安心してお子様を預けて頂くことが出来ます。

家族全員で通って頂ける歯科医院を目指して

その為、今までご自身の歯の治療に集中できなかった方でも、しっかりと口腔内の健康を作っていくことが出来ます。

親御さんの治療時における、保育施設の利用料金は患者様は無料となっておりますので、お気軽にご利用ください。

無料託児所のご案内

家族全員で通って頂ける歯科医院を目指して

つつじ歯科クリニックが、保育施設を作った理由は「家族全員で通って頂きたい」という想いがあったからです。

今の時代、人と人との繋がりが弱くなってきており、どこか寂しい雰囲気が漂っています。

私どもは、地域に密着した医院展開を目指しているのですが、それは単に地域住民様の為にというだけの話ではなく、そのご家族様をも大切にしていきたいと思っています。

つつじ歯科クリニック 保育施設

その為には、お子様の治療だけでなく、親御さんの治療、もっと言えば、お子様が親御さんが歯の治療をしている際に楽しく待っていられるように、そして、親御さんがお子様のことを気にせず治療に専念できる環境が必要だと思い、保育施設を作りました。

そして、その過程の中で、歯科医と患者様というだけでなく、人と人の繋がりを深めていきたいと考えております。

今後とも、地域住民様に役立つ医療機関として精進してまいりますので、是非宜しくお願い致します。