10年、20年先を見据えたつつじ歯科の治療

つつじ歯科医院では、「今だけでなく10年、20年先を見据えた治療」理念を掲げております。

一般的に、虫歯になってしまうと削るのが常識的とされていますが、当医院はむやみに歯を削ることは避けて、なるべく患者様の歯を傷つけないような治療プランを立てております。

その際、患者様としっかりとコミュニケーションを取りながら、希望に沿った治療を提供することを優先しています。

とはいえ、多くの方にとって歯科医院は緊張すると同時に出来れば行きたくない場所ですので、カウンセリング時には患者様がリラックスできるように心がけています。

その上で、「患者様が最終的にどのような口腔内を形成したいのか」というゴールを決めて、そこに向かって口腔内の健康管理をお手伝いさせて頂いております。

そして、これは歯科医院として当たり前のことですが、「徹底した衛生管理」を行っております。

治療時に使う器具の消毒やユニット(患者様が治療時に座られる椅子)の消毒や日々の清掃はスタッフ全員で徹底しておりますので、安心して治療を受けて頂くことができます。

また、来院して下さる患者様に現時点での最高の治療を提供させて頂きたいと考え、マイクロスコープなどの最先端の設備も導入しており、この機材を使うことによって、確実性の高い治療を提供することが可能となっています。

マイホームのような歯科医院を目指して

子どもにとっても、そして、大人になってからも歯科医院は行きたくない場所でしょう。そのため、歯が痛いと気付いても「もう少しあとからで…」と通院を後回しにする方も多いのですが、その結果、本来であれば削らなくて良い歯まで削ることになるなど、口腔内に多大な影響を及ぼしてしまいます。

そこで、つつじ歯科では、患者様がまるでマイホームに帰るかのように安心して通える環境づくりに取り組んでいます。

そのために心がけているのが、「痛くない治療」です。

なぜ、人は歯科医院を嫌うのでしょうか?

院内に響き渡る歯を削る音や薬剤の独特な臭いなど、いくつもの理由がありますが、いちばんは何といっても患者様自身に起こる痛みだと思います。

歯の痛みは他部位の痛みと異なり、我慢したくてもできず、頭痛を引き起こすこともあります。

ですので、当医院では単に治療を行うだけでなく、その日の患者様の健康状態を把握すると同時に、歯を削る箇所を最小限に抑え、歯の神経に刺激を与えないような丁寧な治療を行っています。

また、歯の痛みは人間の精神状態とも深い関わりがあり、患者様が極度の緊張状態にあると、神経が委縮してしまい、治療後の怠惰感を誘発することもあります。

ですので、私どもは歯科医師・スタッフが患者様と積極的にコミュニケーションを取っていき、リラックスできるように取り組んでいます。

当医院は、託児施設が隣接しております。

小さなお子様連れの方の場合、治療中にお子様がぐずってしまい、治療時間が長引き、それが原因でお子様もお母様も大きなストレスが生じてしまうことは珍しくありません。

しかし、つつじ歯科には保育士資格を持った保育士が常駐している託児施設にお子様を預けることが出来ますので、お子様連れの方でも治療に専念することが可能となっています。

もちろん、「託児施設の利用料金は無料」となっていますのでご安心下さい。

親御さんが治療中はお子様は楽しい遊ぶ時間となりますので、自然と歯科医院を楽しい場所として認識してくれるようになります。

その為、お子様が治療を受ける時にも、来院前にぐずってしまうことも避けることができます。

このようにして、親御さんとお子様、そして、ご家族皆さまが安心して通院できる歯科医院作りに励んでおりますので、気軽に来院頂ければ嬉しく思います。